銀行の融資を得る

不動産投資をする上で避けて通れないのが融資です。物件を取得するときには、ほとんどの方が融資を利用するのではないでしょうか?

資金に余裕のある方は現金買いでも良いのですが、やはり不動産を投資対象として取得するのであれば、融資を利用してある程度レバレッジを効かせた方が投資効率は上がります

ここでは、投資効率を飛躍的にアップさせてくれる融資に関して解説していきます。

なお、銀行の融資姿勢などの最新情報については、こちらのページで都度都度情報をアップしておりますので、併せてご確認ください。


①融資を利用してレバレッジ(てこの原理)を効かせる

融資を使えば投資効率が飛躍的にアップ!
一般人が、他人のお金で投資できるのは不動産投資だけ!

融資を利用してレバレッジ(てこの原理)を効かせるの詳しい解説はコチラ!


②融資する銀行と付き合う方法

融資する銀行と付き合う方法の詳しい解説はコチラ!


③金融機関ごとの特徴

都市銀行から信用金庫まで簡単比較!
意外に使える日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)!
ノンバンクで借りるくらいなら不動産投資はしない!

金融機関ごとの特徴の大まかな解説はコチラ!

各金融機関の詳しい解説は以下で!

都市銀行の詳しい解説はコチラ!
地方銀行や信用金庫の詳しい解説はコチラ!
日本政策金融公庫の詳しい解説はコチラ!
その他の選択肢の詳しい解説はコチラ!

④融資の流れ

申し込みから融資決定まで!

融資の流れの詳しい解説はコチラ!


⑤キャッシュフローの考え方

キャッシュフローの考え方の詳しい解説はコチラ!


⑥節税対策のデメリット

節税対策のデメリットの詳しい解説はコチラ!


スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.