金融機関ごとの特徴

一般的に融資を受けたいときは銀行を利用すると思います。

銀行と一口で言っても様々な種類がありますが、不動産投資で利用できそうな銀行を大まかに分けると、

都市銀行
地方銀行
信用金庫


の3つに分けることができます。ではそれぞれの特徴を見ていくことにしましょう。

まず企業規模ですが、都市銀行 > 地方銀行 > 信用金庫の順になります。

企業規模に応じて取引相手も変わってくるようで、都市銀行はグローバル企業など世界を相手に取引をしているようです。信用金庫は地域に密着した中小企業や個人を相手に取引をしています。地方銀行はその中間といえるでしょう。

融資の金利面では、都市銀行 < 地方銀行 < 信用金庫の順になり、キャンペーン金利などを除くと一般的には都市銀行が一番低い金利で融資を行ってくれます。

誰しも低い金利で融資を受けたいと考えますが、融資を受けるには銀行の審査に通る必要があり、誰でも低い金利で融資を受けられるわけではありません。

その審査基準は、都市銀行 > 地方銀行 > 信用金庫の順になり、都市銀行が最も厳しい審査基準となっており、最近では個人が不動産投資目的で都市銀行から融資を受けるのはほぼ不可能とさえいえる状況です。

それに対して、地方銀行や信用金庫はそれほど審査基準が厳しくないのか、融資も受けやすくなっています。

特に、普段から給与振込や定期預金などを利用して取引があると、格段に融資も受けやすくなります。普段からの付き合いが大事と言えるでしょう。


銀行以外だと日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)という手もあります。これが意外と使える金融機関で、融資の審査基準は銀行に比べるとかなり甘くなっています

購入する収益不動産を担保に差し出せば、かなりの高確率で融資を受けられるでしょう。

貸出金利は細かく分かれていて、条件によっては都市銀行並の低金利で融資を受けることも可能です。

ただ融資期間が短く、資金繰りがタイトな場合は利用しづらいでしょう。資金繰りに問題が無ければ、利用しない手はありません。


他に浮かんでくるのはノンバンクですが、金利が非常に高く条件も悪い場合が多いので、ノンバンクから融資を受けるくらいなら不動産投資はしないことです。

ちょっと乱暴な言い方ですがノンバンクはサラ金と一緒なので、借りたら最後、不動産投資どころではなくなってしまいます。


Next ⇒ 融資の流れ

スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.