ノンバンクで借入という選択

その他の選択肢としてはノンバンクが考えられます。クレジットカード会社、消費者金融、信販会社などがコレにあたります。

消費者金融と聞くと「アコム」や「武富士」などを連想してしまい、あまり良いイメージは湧いてこないのではないでしょうか?しかし、ノンバンクにはノンバンクのメリットがあります。

ノンバンクのメリットは何と言っても、審査までの日数が非常に短いことが上げられます

不動産の取引においては、売り主の都合で決済までの日数が非常に短い訳有り物件が出てくることがしばしばあります。

そんなとき、悠長に銀行に融資の案件を持ち込んでいたのでは間に合いません。こんな緊急の融資が必要なとき、大きな力になってくれるのがノンバンクなのです。

ひとまずノンバンクで資金の目途を付け、あとから銀行で融資を受けるといった、つなぎ融資に威力を発揮してくれます。

ノンバンクの融資姿勢は、銀行に比べると緩い傾向があります。年収制限がなかったり、既存不適格物件への融資もしてくれます。

デメリットはやはり高い金利でしょうか。でも、金利が高くてもそれ以上の利回りで物件が回るなら、ノンバンクもありかもしれませんね。


銀行の融資を得るに戻る

スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.