日本政策金融公庫

日本政策金融公庫というのは、銀行などの一般の金融機関が行う融資を補完するために政府が運営している金融機関のことです。昔のなごりで「国金(こっきん)」と呼ぶ人も多いですね。



日本政策金融公庫にはさまざまな融資制度があります。不動産投資には普通貸付が利用できそうですが、申し込みの時に「投資」という言葉は使ってはいけません。あくまでも事業として不動産を購入することをアピールしなくてはなりません。

日本政策金融公庫のメリットはいろいろあるのですが、一番のメリットは、銀行などで断られた案件でも融資してくれる可能性が高いという点です。

銀行などは、融資期間は法定耐用年数以内でないとダメなことが多いのですが、日本政策金融公庫だと、法定耐用年数を超えて融資してくれる可能性が高いのです。築古物件をターゲットにした投資方法にとっては非常に強い味方となるでしょう。

他のメリットとしては、金利が固定であるという点です。金利自体はそれほど高くもなく低くもなくといったことろです。銀行とノンバンクの中間くらいといえるでしょう。

デメリットとしては、購入しようとする物件に、抵当権を設定をした後でないと融資が実行されないということです。簡単に言うと、売り主さんに代金を渡す前に、所有権移転をしてもらわなくてはならないということです。

これって非常に面倒なことで、売り主さんにとっては、代金を支払う前に物件を手放すことになりますよね?「代金より先に物件よこせ」って言ってるようなものですので、日本政策金融公庫の融資の仕組みを判ってもらうための説明や説得が必要になってくるんです。

もしも、購入しようとする物件に残債があって他の抵当権が付いていたとすると、まずは残債を精算しないと抵当権が外せませんから、どうしても先にお金が必要になってきます。

こんなケースの場合は、後で説明するノンバンクなどからつなぎ融資を引っ張ってくるという方法を取らざるを得なくなり、手続きが煩雑になってくるのです。

日本政策金融公庫は多少のデメリットはありますが、銀行で断られた案件の駆け込み寺的な存在でもありますので、不動産投資をする上では欠かせない存在といえるでしょう。


銀行の融資を得るに戻る

スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.