キャッシュフローの考え方

不動産投資で大事なことは、常にキャッシュフローがプラスであるということです。これについてはみなさんも十分承知されていることでしょう。




せっかくの不動産投資ですから、毎月の家賃から経費やローンを差し引いて、最後に手元にお金が残らなくては意味がありません。キャッシュフローがマイナスになる不動産投資なんてしない方がマシです。


でも本当にそうでしょうか?


未来永劫マイナスのキャッシュフローではもちろんダメですが、一時的にはマイナスでも、それを乗り切れば一気に大幅なプラスに転じる場合も不動産投資にはあるんです。

具体的には、収益力の高い築古の物件を手に入れたときです。築古なので融資期間が短くなり、毎月の返済がギリギリか持ち出しになることがあります。

しかし、その融資期間を乗り切れば、元々収益力が高い物件のため、一気にキャッシュフローが好転するのです。

収益力は高くても、築古のため長い融資期間が取れずに放置されているような物件は結構見つかるものです。購入のハードルが高いため、購入時のライバルが少なく、指し値も通りやすい傾向にあります

そんな危ない橋は渡らない方が良いのですが、収益力が高く、尚かつマイナスのキャッシュフローを乗り切れる資金力があればやる価値は十分あるでしょう。


銀行の融資を得るに戻る

スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.