銀行融資に関する最新情報コラム

融資を制する者は不動産投資を制する。

日々刻々と変化する、金融機関の不動産投資に対する融資姿勢。ここでは、最新情報を掲載しています。

もしここで掲載している以外の有益な情報がありましたら、ぜひこちらのフォームからお寄せ下さい。

有益な融資担当者を融通しあう事をしてもよいかもしれませんね。


①日本政策金融公庫の最新情報

公庫は素晴らしいですね。全国の不動産投資かにとって、公庫を活かすかどうかで、雌雄が決すると言ってもよいかもしれません。

日本公庫の新たな融資方針は、不動産投資家にとって福音!(2014年4月)


②SBJ銀行

今、スルガ銀行と並んで、不動産投資への融資に最も積極的な銀行が、韓国系の外資系銀行であるSBJ銀行です。耐用年数をはるかに上回る融資をしてくれますので、非常に穴場です


③スルガ銀行・オリックス銀行

この本によると銀行融資を得て不動産投資をする人のおよそ6割の人が利用するのが、スルガ銀行との事です。実際にスルガ銀行は融資をバンバン出すので、使いようによっては便利ですが、計画的に利用しないと高金利なので、金利分、損することもあり得ます。

スルガ銀行融資の年収制限は700万円(2014年3月)
スルガ銀行・融資最新情報2014年夏(2014年7月)


④メガバンク

2014年現在、三井住友銀行と、りそな銀行はバンバン融資を出しているようですね。この両行は、金利1.475%程度が標準のようで、とりわけ属性の良い人には1%を下回るくらいの金利で融資するようです。

三井住友銀行は積算法(ただし都心部は収益還元法を考慮)で、りそな銀行は収益還元法で融資を出しています。

それぞれ、全国エリアをカバーしており、スルガ銀行と営業エリアは重複しています。


⑤地方銀行・信用金庫




⑥その他の金融機関




スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.