立地

不動産投資における立地というのは、購入価格と同じくらい重要です。いくら安く購入できるからといっても、誰も住んでいないような山奥や無人島にある物件ではどうしようもありません。



一等地の物件なら立地も申し分ないのですが、なかなか一等地の物件を安く手に入れるのは難しいでしょう。そんなときは少し離れた所の物件を狙うんです。

少々立地が悪くても、家賃が安ければ借りてくれる人は多いはずです。安く購入しておけば、家賃の値下げで立地の問題はある程度カバーできるのです。

では具体的にどのような立地が良いかということですが、これは都市部と地方都市では大きく異なってきます

まず都市部ですが、都市部のライフスタイルは車を持たないことが多いと思います。車を持たないということは、通勤や買い物など普段の移動には公共の交通機関を使うということになります。

そうなれば、当然の事ながら駅やバス停が近くにある方が断然有利になりますので、狙う物件もそのような立地のものを探しましょう。

駅から近ければ、中心部などの一等地でなくても構いません一駅二駅離れていても、駅から近ければ需要はあります。少し離れたところだと運賃も余分にかかってしまいますが、それを上回るお得感のある家賃であれば、借り手も多いはずです。

地方都市は車で移動することが多いので、駅からの距離はそれほど気にする必要はありません。むしろ駐車場の有無が優劣を決めるといっても過言ではありません。

駅から近くて駐車場もあって、というのが一番良いのは良いのですが、それだと物件価格も高くなってしまい、利回りも落ちてしまいます。

多少駅から遠くても、駐車場が敷地内にあって幹線道路に近い物件を狙うようにしましょう。欲を言えば、駐車場が広くて道路付けが良い物件だとなお良いでしょう。そういう物件は、車を運転するのが苦手な方(特に女性)にも好まれます。

敷地内に駐車場が無い場合は、近隣に駐車場がある物件を狙います。ただし、徒歩1分くらいで行ける距離でないとなかなか借り手はつきません。それに、その近隣駐車場が将来に渡って駐車場であるという保証はありませんので注意が必要です。


スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.