管理会社

よくサラリーマン大家さんで、管理料がもったいないからといって物件の管理や客付けの営業を自分でやろうとする方がいますが、これは非常に効率が悪いし危険です。



まず効率の点ですが、管理会社はたった数%の手数料で物件の管理から客付けまで全て行ってくれます。

管理会社はだいたい地域での横繋がりがあって、サラリーマン大家さんが自分で不動産屋に客付けの営業を1件1件して回るよりも、管理会社が地域の横繋がりを利用して入居者を捜す方がよっぽど成約率が上がります。

危険という点では、入居者とのトラブルなどは、対応を一歩間違えると泥沼化してしまいます。そんなトラブル対応も全て行ってくれます。しかもプロ中のプロですので安心です。

他にも様々なメリットが管理会社にはありますが、物件の管理にせよ客付けにせよ、その道のプロにお願いするのが一番効率が良いのです

管理会社に任せておけば、その分、自分の時間も増えるでしょうし、トラブルに巻き込まれる可能性も格段に減ります。物件の管理まで自分の仕事にしてしまったのでは効率が悪いのです。

ここまで、管理会社を付けるメリットを述べてきましたが、これらは全て管理会社の善し悪しにかかっています。

最初のうちは良い管理会社かどうかの見極めはなかなかできないと思いますが、最低限、これだけはクリアーしていないといけないポイントを挙げてみます。

①あいさつがキチンとできている
②対応が丁寧である
③社員の身だしなみが整っている
④活気がある


どうでしょう?どれも社会人として当たり前な事ばかりでしょ?当たり前のことができる会社は、当たり前に仕事をやってくれるんです。

とにかく、実際に管理会社に出向いてください。必ず管理会社の責任者や社員と顔を合わせて話をしてください。そうすれば、とんでもない管理会社に任せてしまうようなことは避けられるでしょう。

それからもう一つ大事な点は、管理会社に対して絶対に上から目線で命令しないことです。相手も人間です。オーナーだからといって横柄な態度で臨めば必ず反発されます。表向きは笑顔で対応してくれますが、内心では快く思ってはいません。そうなれば、客付けにも影響してきます。

だからといって下手に出る必要もありません。お互い、良きビジネスパートナーとなれるよう、対等で良好な関係を築くことが大切です。

良い管理会社を味方に付ければこれほど心強いことはありませんし、不動産投資での成功もグッと近づくでしょう


スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.