管理会社と客付

客付けとは、入居者を募集して入居を決めることです。つまり、不動産投資において客付けは非常に重要な要素となるのです。

物件を自己管理している人は客付けも自分で行わなければなりませんが、管理会社と契約すれば客付けも管理会社が行ってくれます。

管理会社が客付けを行うメリットの一つとして、その営業力が挙げられます。管理会社同士は横の繋がりがあるため、自分の物件を紹介してくれる機会が飛躍的に増えるのです

管理人Aも経験があるのですが、普段はA不動産という管理会社に客付けも含めて物件の管理を任せているのですが、B不動産とかC不動産といった、全く別の不動産会社から入居の申し込みが入ることが結構あるのです。これは横の繋がりがなければまずありえないことです。

なぜ頼んでもいないB不動産やC不動産が客付けを行ってくれるのかというと、成約料(一般的には礼金という)が半分もらえるし、今度は逆にA不動産が、B不動産やC不動産が管理している物件を決めてくれるかもしれないという持ちつ持たれつの関係があるからなのです。

先ほどの経験談でいえば、客付けをしたB不動産と、管理をしているA不動産とで成約料を折半するのです。もちろん、A不動産が客付けをすれば、A不動産が成約料を全て受け取ります。

自己管理している場合は、自分で1件1件不動産会社に出向いて営業をしなくてはなりませんし、入居を決めてくれた不動産会社には成約料を支払わなくてはなりません。

苦労する割には思うような結果が得られないことが多く、骨折り損のくたびれ儲けになる可能性が高いのです。

それに不動産会社側としたら、自社で管理していない物件よりも、後々管理手数料が発生する自社で管理している物件や、見返りが期待できる他社の管理物件を優先的に決めていくと思いませんか?

たった数%の手数料で、たくさんの営業マンを雇うのと同じ効果が得られますので、不動産投資においての管理会社の存在は非常に大きいといえます。


Next ⇒ 管理会社とリフォーム

スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.