管理会社とクレーム対応

管理会社を利用していて心底良かったと感じる瞬間がクレーム対応の時です。大きなクレームから小さなクレームまで、全て対応してくれるのでとても助かります。



しかも、管理会社はクレーム対応のプロ集団です。私たちが対応するよりもはるかに迅速に、そして丁寧に対応してくれますので、被害拡大も防ぐことができます。

クレームの対応次第で入居者の満足度が大きく変化します。クレーム対応がまずいと満足度が下がり退去となってしまいます。あるいは訴訟問題に発展することも考えられます。

逆に、クレーム対応が素晴らしかったらどうでしょう?入居者の満足度は上昇し、ここに住んでいれば大丈夫といった安心感を持ってもらうこともできるでしょう。


管理人Aが実際に体験した、クレームの数々

ではここで実際に管理人Aが体験したクレームをご紹介してみますが、これらは全て管理会社からの事後報告で知ったということを頭に入れておいてください。


【凡例】
・クレーム内容(発生時刻)
管理会社の対応


部屋の鍵を落としたので開錠して欲しい(17:00)
本人確認のうえ開錠しました。

浴室の水洗の水が止まらない(21:59)
即時訪問し、コマの取替をしました。

ベランダの網戸が破れている(18:40)
後日修理するよう業者に手配しました。

上階の足音が響いて困る(16:58)
上階の方に、足音についてご注意いただくお願いの文書を配布しました。

玄関前通路の電球が切れている(11:10)
訪問し、電球の交換をしました。

鍵をなくしたのでシリンダーを交換して欲しい(11:45)
シリンダーを交換しました。

エアコン本体から水漏れしている(16:49)
現状確認しましたが、異常は見つかりませんでした。しばらく様子を見ます。

トイレが詰まっているような気がする(9:50)
特に異常はありませんでしたが、詰まり抜き作業を実施しました。

台所の照明が蛍光灯を交換しても点灯しない(10:14)
訪問したところ、点灯したとのことでした。

可燃ゴミを指定日前に出す人がいて、猫が食い荒らして汚い(22:12)
お願いの文書を配布して様子を見ることにしました。


これらはほんの一部です。他にも実に様々なクレームが入ってきます。しかし、これらの細かいクレームが発生しても、自分は対応することなく管理会社が処理してくれるので、クレームに悩まされることがほとんど無いのです。

管理会社だけでは対応できないようなクレームでも、キチンとバックアップしてくれるので安心です。

管理人Aも経験があるのですが、不良入居者を追い出す際にさんざんやり合ったのですが、管理会社のバックアップがなければ追い出せなかったかもしれません(やり合った内容はここでは書けませんのでご了承ください)。

夜中に電球が切れたと言われて、車を飛ばして交換に行くのも大変です。モンスターのような入居者と渡り合うのも大変です。

そう考えると、わずかな管理料でクレーム対応してくれるのですから、管理会社の存在は非常にありがたいといえますね


物件の管理運営編に戻る

スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.