管理会社の選び方

収益物件は手に入れたけど、管理運営は自分でせずに誰かに任せたいというときに力になってくれるのが『管理会社』です

管理会社に任せるといっても、どこの管理会社でも良いというわけではありません。管理会社選びを誤ってしまうと、後々たいへん苦労します。

管理会社の選び方ですが、とにかく管理会社に接触することです。ネットの広告だけで選んではいけません。広告というのは、だいたい自分に都合のいいことばかりが書いてあるものです。

特に、高い入居率をアピールする管理会社が多いのですが、それだけを鵜呑みにしないことです。ある程度の規模の管理会社になると、入居率の操作ができてしまうからです。


えげつない管理会社の、よくありがちなケース

これは実際にあった(今でも行われています)例ですが、築年数が古く設備もよくないため入居率が悪化してきた物件には、管理会社からリフォームなどの提案がなされます。しかもかなり過剰なリフォームです。

過剰なリフォームのため、かなりの資金が必要になるのですが、オーナーとしてはそこまでのリフォームが必要なのか?と提案を断ると、管理契約を打ち切ると迫られるのです。

このように、入居率の悪い物件は切り捨てられるのです。分母(管理戸数)が減れば入居率も自動的に上がるという訳です。

ほんと、えげつないですね~~、大東建託は。・・・おっと!冗談冗談・笑、家賃一括保証の大東建託がそんなことをやっているというのは不動産業界ではよく知られた事実です。じゃない、そんなのは噂ね。ハッキリと書けないので・笑。

で、実際に提案を実施すれば簡単に入居が決まるかもしれませんが、そのリフォーム費用を回収するのに何年もかかってしまい、結果的にオーナーが泣きを見るような、そんな悪質な管理会社もありますので注意が必要です。

そういった管理会社に引っかからないためにも、まずは管理会社に出向いて、管理方法や運営方法などの話を直接聞きましょう

そのときに、成功に欠かせないポイントのなかに記述してあるチェックポイントを確認してください。チェックした結果、合格と判断できた管理会社と管理契約を結ぶべきです。


地元密着業者と全国展開の業者、どちらがいい??

他に注意する点としては、地元に根付いた管理会社と、全国展開の大手管理会社の違いも考慮する必要があります。(※ここでいう全国展開の大手とは、フランチャイズで展開しているアパマンショップなどは除きます)。

特に、全国展開の大手管理会社は社員の転勤も多いため、社員が1つの店舗で一人のオーナーとじっくり運営していこうという姿勢がどうしても希薄になりがちです。

管理会社社員としては、じっくり取り組んで築き上げた人間関係も、転勤でリセットされてしまうということが分かっているからです。

もちろん、全ての大手管理会社の社員がそうであるとは限りません。なかには素晴らしい社員もいるでしょう。

しかし、実際に経験してきた感触でいうと、やはり地元に根付いた管理会社の方が熱心に営業活動を行ってくれると感じました

できれば、アパマンショップなどのフランチャイズに加盟した地元の管理会社が良いでしょう

情報量も豊富ですし、フランチャイズに加盟していること自体が、キチンとした会社であることを証明してくれているからです。


Next ⇒ 管理会社との付き合い・変更方法

スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.