工事開始!(外壁の塗装と防水工事をしよう!)

準備で2ヶ月もかかってしまい出鼻をくじかれた物件3号外壁工事ですが、ようやく工事に取りかかることができます。

すんなり工事が終わるものと思っていましたが、その思いは見事に打ち砕かれました(苦笑)

足場を組んで屋根や上階の状況を確認

業者に取ってもらった見積もりは、あくまでも地上から目視で確認した状況を元に出してきたものなので、地上からではよく分からない建物上部の状況は、実際に足場を組んで確認しないと分かりません。

で、実際に足場を組んで上階を確認すると、細かい不具合が次々と見つかりました。しかし、ここは頑張って全部直す旨を業者に伝えます。

たま~に、今はお金がないから屋根は次回に塗るとかいう人がいますが、これは絶対に止めるべきです。足場組むだけで何十万もかかりますから、非常にもったいないです

詳細な全体像が分かり、当初予定の見積額を2割近くオーバーすることが判明しました。しか~し、頑張って全部直します(苦笑)。

管理人Aも実際に足場に登って確認して回りましたが、非常に怖かったです。養生シートで覆われていたのでまだマシでしたが、無かったらと思うとゾッとします(でも結局最後に養生シート無しの足場に登るんですけどね・・・)。

高圧洗浄

まずは建物の汚れをキレイに落とします。落としてないと塗料がうまく乗らず、最悪の場合そこが剥げます。まぁ高圧洗浄を行わない業者などいないと思いますが・・・。

高圧洗浄をする場合は、必ず入居者様に事前連絡を入れます。そうしないと洗濯物を干されてしまい、作業ができないからです。

それと、高圧洗浄をするとまれに水が室内に染み込んでいくことがあります。非常に強い雨が当たっているのと同じことですからね。

ちょうど高圧洗浄を行った日に水漏れの一報が入ります。業者にも連絡を入れ、管理会社の職員と共にお詫びに向かいましたが、水漏れの量が尋常でなかったので、他に原因があるのではないかと考えました。

早速、直上階に確認に行きますが、とくに水漏れらしき後はなく、入居者様もキョトンとした様子で対応されました。

やっぱり高圧洗浄のせいかなと思い始めたら、先ほど確認に行った直上階の入居者が来られて、台所の棚の中が水浸しで鍋に水が溜まってるとの報告が!

急いで現場を確認したあと、さらに上の階に確認に行くと、台所が水浸しで入居者様があたふたされていました。ゴミを詰まらせてしまったようです。

ゴミ詰まりを直し、直下の階とさらにその下の階の状況を伝え、損害賠償させてもらう旨を告げました。幸い保険が使えそうでしたので、それを使えば大丈夫と伝えると、水漏れを起こした入居者様も安心されました。

しかし、なんというタイミングでの水漏れでしょうか・・・。

塗装と防水工事開始

まずはコーキングなどの防水工事を行います。工事箇所が非常に多いので、日数も相当かかりました。

続いて塗装です。下塗り・中塗り・仕上げ塗りと順調に進むかと思われましたが、雨の日が多く遅々として進みません。

結局予定の工事期間を過ぎても仕上げ塗りが終わっていませんでした。入居者様と近隣に工事が遅れる旨を伝えて回ります。

辛いです・・・。しかし、『まだだ!まだ終わらんよ!』の気持ちで頑張ります(苦笑)。

塗装工事の途中、何度か足を運び、職人さん達と缶コーヒーを飲みながら談笑しました。もちろんコーヒー代は管理人A持ちです。帰り際にはお茶代として現金支給も忘れません(笑)。職人さんとコミュニケーションを取るのも大事な仕事です

地震発生!!

いろんな原因で遅れながらも何とか後少しというところまできたとき、なんと地震発生!!

深夜にマグニチュード6.2、最大震度5強の揺れを感じ飛び起きました。家族の無事を確認した後、テレビで速報の確認です。

大きな被害も無さそうでしたので、とりあえず夜が明けてから物件の確認に向かいました(足場が崩れてたらどうしようとドキドキもんでしたよ)。

物件2号物件1号物件3号の順で確認に行きましたが、大きな被害はありませんでした。管理会社にも連絡を入れますが、入居者様がお怪我をなさったなどの報告も無かったそうです。

しかし、物件3号を細かく見ると、せっかく塗った箇所にひび割れが入っていました。業者に連絡し確認してもらうと無償で直すと約束してくれました。良心的な業者でホントに助かりました。

工事完了!

様々な困難を乗り切り、ついに工事完了です!予定より1ヶ月もオーバーしてしまいました。とほほ・・・。



完成・引き渡しに続く

スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.