不動産投資の対象としての底地

底地というのは、借地権付の土地の所有権のことをいいます。

簡単にいいますと、土地を貸し出すことです。土地を借りた人が土地の上に建物を建てて所有し、土地の所有者に土地代を支払います。

底地のメリットは何といっても運営の手間が全くかからない点でしょう。修繕費用も全く発生しませんし、ただ淡々と地代を受け取るだけです。

底地はとても楽なのですが、利回りはかなり悪くなります。もちろん、安く買うことができれば利回りも向上しますので一概にはいえません。

底地のデメリットは、自己使用がほぼ不可能な点です。土地を借りている人は借地権という権利で守られており、貸し主から一方的に立ち退きを要求することはできないのです。

どうしても自己使用したい場合は、借り主との話し合いで解決するより方法がありません。その場合は当然立ち退き料や建物代を要求されますので、かなりの出費を覚悟しなくてはならないでしょう。

もちろん、借り主が地代を滞納するようなことがあれば、民法によるところの信頼関係が破壊されたと見なされて、賃貸借契約の解除を行うことが出来ます。

しかし、この場合も滞納期間が相当長くないとダメですし、裁判となればさらに長い時間が必要となります。

将来的に土地を自己使用したいのであれば、コインパーキングを運営している会社に土地を貸すという方法が、手間がかからず良いでしょう。コインパーキングの需要がある地域なら考えてみる価値はあります。

コインパーキングを自分で運営することもできますが、大がかりな設備が必要ですし集金業務も煩雑なのでお勧めできません。

底地は不動産投資としては面白味に欠けるかもしれませんが、安定感は抜群ですので、安定を求める人の選択肢の一つになるのではないでしょうか。


Next ⇒ 番外編

スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.