不動産投資の対象としての店舗

店舗も事務所と同じように、仕事をするために借りてくれることがほとんどですが、事務所と違うのは、借りた場所で飲食店や物販などの営業活動を行うという点です。

借り手が大手のチェーン店など有名な会社であれば、その店舗の価値も上がり、物件そのものの価値も上がる可能性があります。たとえば、大手コンビニがそれにあたるでしょう。

単身者用の賃貸は、コンビニの距離で決まることも多く、店舗の近くに単身者用の賃貸不動産を持っていれば相乗効果も狙えるでしょう。

逆に、変な店舗が入ってしまうと、集まってくる客も変な人が多くなってしまい、結果的に物件の価値を落としてしまう点には注意が必要です。飲食店の場合だと、周辺への騒音問題や臭気の問題なども注意が必要です。

店舗の場合の大きなメリットは、原状回復費用が全くかからないケースが多いということです

どういうことかというと、一般的に店舗の貸し借りは、スケルトンで行うことが多いためです。

スケルトンというのは、内装を一切施さない素のままの状態のことを指します。貸すときも素のまま、返すときも素のまま、ということです。

なぜこのような貸し借りになるのかというと、店舗というのは様々な種類があって、借り手によってその種類が決まるという性質があるためです。

そのため内装を施しても、入る店舗によっては全く無駄な内装になる場合もあるため非効率ですし、借り手が自分の思うように内装をした方が、営業活動もうまくいくというメリットがあるためです。

自分で思うように内装できる代わりに、賃貸借契約が終わって店舗を明け渡すときには、内装をキレイに取り除いて素の状態にして返すという取り決めをしているのです。

このような理由から、スケルトン貸しの店舗は原状回復費用が全くかからないのです。

スケルトン貸しは内装を取り払って返すのが基本ですが、貸し手と借り手の同意があれば、内装をそのまま譲り受けて、居抜き物件として次の借り手に貸す方法もあります。

これなら、開店コストも抑えられるし、すぐに開店できるため借り手が現れやすいというメリットがあります。ただし、同業種の店を開店する人に限られてしまいます。


Next ⇒ 駐車場

スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.