不動産屋から未公開・非公開情報を聞き出す

この方法は、インターネット情報誌ほど手軽ではありません。むしろかなり手間が掛かります。

不動産屋は、物件の売却の依頼があれば、まず心当たりのある複数の顧客に購入の打診をします

それで売買が成立すれば、その物件情報は一度も一般に公開されずに売買が成立してしまうことになります。ここで売買が成立しなければ、インターネットや情報誌に掲載されて、初めて一般に公開されるのです。

このように、水面下で売買される物件も数多くあります。お宝物件なら尚のこと水面下で売買されることが多いのです。

そこで、普段から不動産屋に足を運び、信頼関係を築いておいて、このような水面下で売買されるような情報を教えてもらうのです。手間は掛かりますが、非常に有効な方法ですので、ぜひ実践してください。

ちなみにこの手法は、管理人Aが現在保有している物件を入手したり、管理人Bが物件ジョイフルを入手した時に使った手です。

ただし物件ジョイフル入手の時は、飛び込みで入った管理人Bを、不動産屋さんが追い返すために未公開情報を教えたという、レアケースです・笑。

 小堀不動産


上記がその不動産屋さんなんですが、まさか優良な物件を紹介する風には見えないですよね・笑?

僕がいわゆるボロ物件(200万くらいの戸建て)を現地に見に行った際に、客付が可能か、駅前の不動産屋さんに突撃した時の1軒なんです、ここ。

で、そんな安いボロ物件を買う奴を体よく追い返すために、不動産屋の若旦那が、大型の物件情報を持ち出したんですね。

通常なら、「まさかそんなの買えませんよ!」と退散するところ、「それ、非常に興味あります、すぐにでも見に行きますから、情報を集めておいてください!」と逆に猛烈にプッシュして、最終的に入手したという訳です。

不動産屋さんも、飛び込みでいきなり入ってきた奴が、こんな大きな物件を買うとは思わなかったようです・笑。

それ以降、時折訪問して、次の物件の情報を色々と仕入れては検討している次第です。


Next ⇒ 売ってくれそうな物件を見つけて持ち主に打診する

スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.