地元の不動産情報誌で探す

インターネットほど手軽ではありませんが、地元ならではの情報が掲載される可能性もあるため、情報源としては押さえておきたいところです。

フリーペーパーとして街頭に置いてあったり、不動産屋の店頭に並べてあったりしますので、見かけることもよくあると思います。

不動産屋に直接資料請求して手に入れることも出来ます。インターネットほど競争が激しくないので、お宝物件情報を見つけやすいといえるでしょう。

新聞広告なども含めて、この手のアナログな手法で物件を入手する人もチラホラおられるので、あんがい穴場なのかもしれません。

ちなみに、ボロ物件投資のカリスマ、加藤ひろゆきさんは、下記の物件を読売新聞の三行広告で見つけています。(利回り25%くらい)

コーポKi詳細

加藤ひろゆき氏所有の不動産


さらに同様に、「女子限定アパートメント」も、朝日新聞の三行広告で見つけています。皆が注目しないところに注目しているのですね。(利回り37%)


(下記の本はCDも付属していて大いに勉強になります。不動産投資を志向する人は、1度は目を通しておいてください)

借金ナシではじめる激安アパート経営 不動産投資でつとめ人を卒業スル方法(CD付)
by カエレバ


Next ⇒ 不動産屋から未公開・非公開情報を聞き出す

スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.