建物の設備や駐車場の有無

収益物件を選ぶときに、実際に自分が住んでみたいかどうかを判断基準にすることがあります。

住んでみたいかどうかは、設備が大きく影響すると考えられますので、ここでは設備について解説していきます。


一昔前のアパートの代表的な設備でいうと3点ユニットが挙げられますが、今では3点ユニットというだけで敬遠される傾向にあります。

このように、時代と共に設備もどんどんキレイに、そして便利になっていきますし、ニーズも変化していきます。

一番良いのはその時代にマッチした設備を備えることです。例えば、先ほどの3点ユニットは今の時代のニーズにマッチしていないので避けて、バストイレ別にするなどです。


ここで、最近の『人気』設備ランキングを見ていただきたいと思います。(全国賃貸住宅新聞より)

【単身者向け】
 1位 ブロードバンド無料
 2位 エントランスのオートロック
 3位 浴室換気乾燥機
 4位 ウォークインクローゼット
 5位 TVモニター付きインターホン
 6位 ホームセキュリティー
 7位 独立洗面台
 8位 システムキッチン
 9位 洗浄機能付き便座
10位 24時間利用可能ゴミ置場

【ファミリー向け】
 1位 追い焚き機能
 2位 システムキッチン
 3位 エントランスのオートロック
 4位 ブロードバンド無料
 5位 浴室換気乾燥機
 6位 ホームセキュリティー
 7位 太陽光パネル(入居者個別売電)
 8位 エコキュート
 9位 エレベーター
10位 IHクッキングヒーター


ちなみに、エアコンはすでに必需品となった感がありますので、ここでは対象外とします。

どうでしょう?これを見ると、もうホントに借りる側は言いたい放題って感じですよね(苦笑)。

でも、これらの設備が一つでもあると、それだけで他の収益物件との差別化が図れるのです特に、ブロードバンド無料は今後標準設備になっていくと考えています


では、実際に部屋探しの時にこれだけは譲れないという設備のランキングを見てみましょう。(全国賃貸住宅新聞より)

【単身向け】
 1位 独立洗面台
 2位 洗浄機能付き便座
 3位 駐輪場
 4位 備え付け照明
 5位 ブロードバンド無料
 6位 TVモニター付きインターホン
 7位 エントランスのオートロック
 8位 ガスコンロ
 9位 BS・CSアンテナ
10位 ディンプルキー

【ファミリー向け】
 1位 追い焚き機能
 2位 独立洗面台
 3位 洗浄機能付き便座
 4位 TVモニター付きインターホン
 5位 駐輪場
 6位 システムキッチン
 7位 エントランスのオートロック
 8位 ガスコンロ
 9位 BS・CSアンテナ
10位 エレベータ


このような結果となっています。人気ランキングと重複する物もありますが、より現実的な設備が選ばれる傾向となっています。ぜひ物件選びの参考にしてください。

ただ、これらの設備を全て備えるのはなかなか大変です。築古の物件では尚のこと難しいでしょう。

そんなときは逆に最低限の設備(エアコン、ガスコンロのみ)にして家賃を下げるという手もあります。豪華な設備よりも安い家賃を選ぶ人はかなりいます。


次に駐車場ですが、地方都市で生活するには車は必需品です。当然駐車場が必須となってきますので、駐車場の有無は重要です。

一番理想的なのは、敷地内に駐車場がある場合ですが、それだけ広い土地が必要になりますので、物件価格も高くなりがちです。

駐車場が敷地内に無ければ近隣の駐車場を利用することになるのですが、どんなに遠くても半径100m以内でなくては入居者は敬遠します

物件を探すときに、駐車場があるかどうか、無ければ近隣(100m以内)に駐車場があるか、また空きがあるかどうかの点はキチンと確認しておきましょう。


Next ⇒ 用途地域や建ぺい率・容積率の確認

スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.