建物の構造(RC造、S造、木造)

建物の構造にも様々な種類があります。挙げていけばかなりの数になるのですが、物件情報に一般的に掲載されているのはRC造(鉄筋コンクリート造)、S造(鉄骨造)、木造の3種類です。



まずRC造ですが、これは『鉄筋コンクリート造』と呼ばれ、かなり頑丈な建物の部類に入ります。頑丈なだけに建設コストもかなり高く、積算価格も高くなることが多いです。

RC造の特徴の一つに法定耐用年数の長さが挙げられます。一般的に融資期間は、この法定耐用年数から経過年数(築年数)を引いた残りの期間を元に決められる場合が多いので、法定耐用年数が長いRC造だと長く借りられる可能性が高くなります。

次にS造ですが、これは『鉄骨造』と呼ばれ、さらに鉄骨の厚みによって『軽量鉄骨造』と『重量鉄骨造』とに分けられますが、S造と表記されているものはだいたい『重量鉄骨造』であることが多く、軽量鉄骨造の場合には『LGS造』と表記されることもあります。

S造も頑丈な建物なので誤解をされている人が多いのですが、意外にも火災に弱いという一面を持っています。鉄骨は、摂氏550℃程度で急激に強度が失われますので、火災の時に素早く消火できなければ、一気に崩れ落ちる危険性があります。

少し話がそれましたが、S造の法定耐用年数は鉄骨の厚みによって変わってきますので、融資期間を考慮するときには、重量鉄骨造なのか軽量鉄骨造なのか確認する必要があります。ちなみに、重量鉄骨造の方が長く、軽量鉄骨造は木造よりも短いです。

最後に木造ですが、強度という点ではRC造やS造にはかないませんが、補強や増改築は一番容易にできる構造ですので、耐震補強などはわりと簡単に行うことができます。

法定耐用年数はあまり長くないので、築古の木造中古物件にはなかなか融資が付かない場合があります。積算価格も低くなりやすいので、なおさら融資は厳しい場合が多いでしょう。

以下に、構造別の法定耐用年数の一覧を掲載しておきますので、参考にしてください。

RC造   47年
S造(重) 34年
S造(軽) 19年
木造    22年



Next ⇒ 建物の築年数

スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.