表面利回り

表面利回りというのは、年間の家賃収入を、物件価格で割って100を掛けたものです。物件取得にかかる経費や、家賃収入にかかってくる税金などは考慮されていません。



例えば、年間に得られる家賃収入が200万円の物件があったとします。この物件が2000万円で売りに出されていれば、

200 ÷ 2000 × 100 = 10%

ということで、表面利回りが10%の収益物件ということになります。

おそらくほとんどの人が、この表面利回りを一番重要視するのではないでしょうか?当たり前と言えば当たり前なのですが、表面利回りが高ければ高いほど、投資効果は高いと言えます。

ただ何事も、うまい話には裏があると言われるように、表面利回りが高くなるほどリスクも増大するものと考えるのが妥当でしょう。

表面利回りを高くしないと売れないような物件である可能性が高く、ただ単に表面利回りが高いだけで飛びつくのは危険です。他の要素もキチンと検証しましょう。

それに、実質利回りのページでも解説しましたが、表面利回りほどアテにならないものはありませんので、あくまでもひとつの目安として表面利回りを見るようにしましょう。


Next ⇒ 積算価格の算出

スポンサードリンク


実物不動産投資編

Copyright© 2012~ 損しないための不動産投資ノウハウ&テクニック集 All Rights Reserved.